■プロフィール

パク

Author:パク
ぱくちゃん です。

海が好き。空が好き。お月さまが好き。
歌が好き。踊りが好き。ライブが好き。
人が好き。虫が好き。お星様が好き。
故郷が好き。クラウンが好き。
FUNKISTが好き。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
原子力で作り出すエネルギーのうち、3分の2は海に捨てている。だから、原子力は海暖め装置。
2009年12月22日に石巻市が主催の市民勉強会で
京都大学原子炉実験所の小出裕章さんのお話があって、
そこで話されたことをhokutoさんが記事にしてました。


http://chikyutomo.greenwebs.net/?p=158&cpage=1#comment-8










スポンサーサイト
ナビ | 11:01:37
ホッキョクグマが共食いを始める
Twitterのkamaさんからのつぶやきで知りました。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-12847620091209

追いつめられたクマさん・・・・


ナビ | 04:52:51
5日 JR桜木町駅前署名
2009-12-01 11:49:59 | 核・六ヶ所村再処理工場・原発

友だちのふくちゃんから発信あり、転載します。




■□■□■□■□■□(転送・転載可)■□■□■□■□■□■□

★上関原発建設中止を求める街頭署名活動のお知らせ

趣旨:上関原発建設の問題について署名活動を通して伝え、都会に住む大勢の人々に知ってもらいたい
建設予定地周辺は希少生物の宝庫、生物多様性そして瀬戸内の豊かな自然を守ってゆこう

日時:2009年12月5日(土)10:00~13:00

場所:JR桜木町駅西口イベントひろば

主催:「上関原発どうするの?瀬戸内の自然を守るために」(略:どうするネット)

集合場所:駅構内を出たところ

当日責任者藤村の服装:ベージュと焦げ茶色のホルスタイン柄様のコート着用、声かけてください


・署名用紙はこちらでも用意しますが、手持の用紙の持参歓迎
・バインダー、筆記用具持参歓迎
・カンムリウミスズメやスナメリの形など頭につけるもの、首から下げるメッセージなど歓迎
・上関原発建設反対の趣旨が一致していれば旗など持参OK

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



ナビ | 14:54:49
豪華すぎるイベントを転載します
mixiのhokutoさんの日記を転載します。

***********************************************

こんな豪華になるとは・・・ 今週末、時間ある人は青森へ。
こんな豪華な内容は本当に滅多にないですよ。

音楽で体をあっためて、パレードで発散して、再処理工場下の活断層の話を聞いて、その夜は皆で飲みますか。

翌日は街頭署名でアピールして、六ヶ所村に移動してから原燃PRセンターや六ヶ所郷土館をYAMさんにガイドしてもらい。更には活断層の露頭場所で渡辺満久教授の生のお話!!!!(これ、すごくないですか?)

夕方からは自然生態写真家の江川さんのスライドショーやトーク。そして、その後は皆で話しまくりのBUNBUN CAFE。

最終日は六ヶ所村から青森市へ移動して、原燃と青森県に申し入れ。

バラバラの参加ももちろんOK。
1日だけでももちろんOK。


もう、今週末は絶対に青森でしょ。みなさんの参加をお待ちしています!!!!





日 時:2009年11月22日(日)~24日(火)
参加費:10,000円以内(できるだけ個人負担が少なくなるよう画策中)
内 容:

11/22
■反核LIVE@SUBLIME 10:00~
zodiac nova, pop-machine & contemporary systemの朝から反核ライヴ!!
■パレード 11:45~
反核ライヴ会場そばの中央西公園から共同行動会場までサンバde反核
■秋の共同行動 12:45~
■渡辺満久教授講演会 15:00~

11/23
■全国一斉NO NUKES街頭署名@青森 10:00~
■六ヶ所村スタディー・ツアー 13:00~
 原燃PRセンター、六ヶ所村立郷土館、活断層露頭、むつ小川原港
■活断層露頭を現場で渡辺満久教授が解説
■自然生態写真家、江川さんのスライド・ショー&トーク「青森の自然と未来」in 花とハーブの里
■Bun Bun Cafe@花とハーブの里 テーマは「勝手に都市計画!」

11/24
■青森県庁申し入れ
■日本原燃青森本部(青森市)にて申し入れ

問合せ・申込み:Tel / 0178-22-3269
e-mail / chikyuutotomoni@yahoo.co.jp
主催・共催:6ラプ市民サミット・みなCAN'Z
      わかめの会・地球とともに・PEACE LAND
協 力:核燃料搬入阻止実行委員会(SoCG2)


ナビ | 23:34:18
みえない雲

大宮生活館で「みえない雲」の上映会があったので観てきました。


予告編 http://www.cqn.co.jp/mienaikumo/


日本の原子力発電所 http://www.cqn.co.jp/mienaikumo/nuclear/index.html


      胸が

g


みえない雲」は、NHKのBSにリクエストできます.
「みえない雲」 そのサイレンが彼女の運命を瞬時に変えた

高校3年生のハンナは、幼い弟ウリーと口うるさい母親の3人で暮らすごく普通の女の子。
ある日、転校生のエルマーから呼び出され人気のない教室へ行くと、
ぎこちない会話の後に突然のキス。
しかしそんな幸せな気分も束の間、突然けたたましいサイレンが鳴り響く。

美しい自然に囲まれた、のどかで小さな街を襲った突然の大惨事。
近郊の原子力発電所が事故を起こしたのだ。
街はパニックに陥る。「必ず迎えに行くから、家で待ってて」。
ハンナは彼の言葉を信じてウリーと自宅で待つが、放射能を帯びた雲が迫ってくる。
母親の行方も分からないまま仕方なくウリーを連れ外に出たハンナは、
極限状況下で暴徒化した群衆に巻き込まれてしまう。
次々と降りかかる予想も出来ない困難に、勇気を持って立ち向かうハンナ。
果たして彼女は再びエルマーに会う事が出来るのだろうか?

発売時にセンセーションを巻き起こし数々の賞を受賞したベストセラー小説を完全映画化!

原作はチェルノブイリ原発事故直後の87年に発表され、
大きなセンセーションを巻き起こして社会問題となり、
ドイツ青少年文学賞をはじめ多数受賞したベストセラー小説を
映画化したものだ。

今年3月のドイツ公開と同時にその評判と衝撃が瞬く間に広がり、
二人の切なく美しいラブストーリーにドイツ中が涙した感動作だ。
物語を動かすのは若い二人の愛である。
愛が生まれた瞬間に事故が発生し、引き裂かれてしまう。
そして愛の力によって再会し、愛の力によって命を救われたりもする。
二人は様々な状況を乗り越えながらより深い愛を築いていく。
未来は困難に満ち、場合によっては短いかもしれない。
それでも未来に希望が見えるのは二人の愛のおかげだ。

極限状況下の切ない愛に涙し、明日への希望を抱きしめる。

本作はパニック映画にありがちな大惨事の迫力をエンタテインメント
として描いた作品ではない。
極限状況下の群衆を緊迫感たっぷりに見せながらも、
そこには青春映画特有の少女から大人への成長の軌跡や
初めての恋に対する心の揺れなど、誰もが自分のこととして
思い起こすことの出来る切ないドラマが繊細なタッチで表現されている。

そしてそこには責任とは何か、人々の連帯とは何か、
生きる意義とは何かなど、人が生きていく上で最も大切なテーマが、
原発への問題提起と共に浮かび上がってくる。
観客はこれらの問題を、ハンナの視点を通して一緒に体験し考えることになる。
映画は様々なドラマを描写するだけでなく、観客がよく考え、
行動に移すことを促す作品なのだ。


NHKのBSシネマにリクエストできます。 http://www.nhk.or.jp/bscinema/ リクエストできることを、kazooさんが教えてくれました。thank you








ナビ | 15:18:54
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。