■プロフィール

パク

Author:パク
ぱくちゃん です。

海が好き。空が好き。お月さまが好き。
歌が好き。踊りが好き。ライブが好き。
人が好き。虫が好き。お星様が好き。
故郷が好き。クラウンが好き。
FUNKISTが好き。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【NHKスペシャル「MEGAQUAKE-巨大地震」】
今、肴ちゃんの日記で見つけたよ!

*******転載大歓迎! ********************

阪神淡路大震災では6千500人近くの尊い命が犠牲となった。
高速道路の橋下駄が瓦解し、新幹線の高架橋も崩れ去った。
人々の活動の前、5時46分という早朝でなかったら、死者はもっと膨れ上がっていただろう。これから87%の確率で必ず近いうちにくるであろう東海地震、東南海・南海地震...。しかし日本が抱える問題は地震の災害だけでない。
地震大国だというのに、日本には、55基もの原子力発電所が立ち並んでいる。しかも活断層の真上や敷地内に建てられているものも少なくない。岩盤に建築されているから安全というのは単なるたわごとだ。
今こそ、その危険性に真っ向から立ち向かい、正しい電力会社のありかたを追及するべきではないだろうか。

私たちの命がかかっている。

↓素晴らしいCGで真実を明らかにするNHKスペシャル。
絶対にお見逃しなく!!

今夜、10日 午後9時放送
【NHKスペシャル「MEGAQUAKE-巨大地震」】
http://www.nhk.or.jp/megaquake/index.html 予告篇 http://www.nhk.or.jp/megaquake/p_highlight.html 「これまで記録がなく「空白域」とされてきた地域に迫る巨大地震の可能性が次々とあぶり出されている。アメリカでは先住民族の伝承でしか伝えられなかった過去の地震が明らかになり、シアトルなどアメリカ北西沿岸部の都市は、M9の巨大地震の脅威にさらされることになった。日本列島でも、東海・東南海・南海地震がさらに西側に広がる、未知の“3連動プラス1”超巨大地震の可能性が新たにクローズアップされている。」




スポンサーサイト
原発 | 20:43:30
えーっ!そんなのアリですか?
Twitterのhokutoさんのつぶやきから知りました。

**************************************************************

勤務実体ないのに給与支払い 原子力機構OBに受注3社。
額が半端じゃないです・・・
http://www.asahi.com/national/update/1208/TKY200912070449.html****************************************************************


それは ヒドスギマセンカ!


原発 | 19:04:27
大変!
「上関原発:田ノ浦埋め立て開始の抗議行動 in 東京」

2009年09月09日 11:11

開催日時
2009年09月10日(15:45集合、16:00開始)
開催場所
東京都(千代田区丸の内の中国電力東京支社)
【転載大歓迎】

皆さま
澤井@CNICです。緊急のご連絡です。

遅れましたが、上関原発建設のための田ノ浦埋め立て中止要請行動を中国電力東京支社で行います。
高島さんの情報では、9月10日から埋め立て海域工事のための灯浮標の設置に取り掛かる計画と伝えられています。
私たちも、祝島の皆さんと一緒に東京から声を上げましょう!


中国電力:上関原子力発電所計画地点におけるカンムリウミスズメ継続調査結果
について
http://www.energia.co.jp/atom/press09/p090903-2.pdf

関東圏でもたくさんの人が反対している事実を伝えたいと思います。
参加ご希望の個人、団体はできれば抗議文、要請書等を準備してご参加ください。(なくても勿論0Kです)
田ノ浦のカンムリウミスズメ、スナメリたちの気持ちを思いっきり代弁したユニークな要請書、大歓迎です。
参加出来ない場合も、下記ファックス番号に要請書を送ってください。
要請先: 中国電力株式会社 取締役社長  山下 隆

*参加員数確認のため、参加予定の個人・団体は、9月10日(木)午前10時までに、下記宛ご連絡いただければ幸いです。
もちろん連絡なしの参加も大歓迎です。

□連絡先・要請行動について問合せ先:
原子力資料情報室(担当:永井・澤井)
TEL 03-3357-3800 FAX 03-3357-3801

▲▽▲▽▲

【田ノ浦埋め立て中止要請行動】

■集合
日時:9月10日(木)午後3時45分
第一鉄鋼ビル(中国電力東京支社が入っているビル)1階ロビー
東京駅八重洲北口を出て神田方面(左手)に向かうと、
旧国際観光会館、第二鉄鋼ビル、第一鉄鋼ビルと並んでいます。
ロビーは一番神田寄りの角です。
地図は下記参照
http://www.energia.co.jp/tokyo/index.html
http://www.tbg.co.jp/build03.html

■要請行動
日時:9月10日(木)午後4時~
要請先:中国電力東京支社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目8番2号 第一鉄鋼ビル8階
電話 03‐3201‐1171 FAX 03‐5223‐8224
http://www.energia.co.jp/tokyo/index.html


▲▽▲▽▲

*****
澤井正子  原子力資料情報室
      〒162-0065 
      東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
      TEL:03-3357-3800  FAX:03-3357-3801
      e-mail : sawai@cnic.jp


原発 | 12:30:03
再開したばかりの柏崎刈羽原発が延期に・・・
編集する 2009年05月16日05:15 FNNニュースが動画で見れます
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00155231.html

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090516k0000m040089000c.html







原発 | 05:19:49 | Trackback(0) | Comments(0)
柏崎刈羽7号機の再開に抗議する

ふくちゃん情報

******************************************

声明 柏崎刈羽7号機の再開に抗議する

2009年5月8日

原子力資料情報室 
共同代表 山口幸夫

新潟県知事は、昨日の県議会全員協議会において所信を表明し、
柏崎刈羽原発7号機の運転再開を認めることに同意した。

これを受けて、今日にも、東京電力は起動試験から本格運転への作業を
始めると伝えられている。

まことに遺憾である。

柏崎刈羽原発の1~7号機は、2007年7月、設計基準地震動を
遥かに超える地震動に直撃された。

原発史上はじめての出来事であった。

地震から1年10ヵ月後の現在、1~6号機のそれぞれの損傷の
全容は未だ調査点検中にある。

もっとも損傷が小さかったと見なされる7号機を単独にとりだし、
ほぼ調査点検がすみ、対策が立ったとして、再開へ進むことは
大変危険である。

地元と新潟県民の不安が払拭されない理由は、
県の「技術小委員会」での議論が未だ途中にあって、
疑問点が解消されていないからである。

柏崎刈羽原発から電力を供給されている首都圏の私たちとしても、
その思いを共有するところである。

 新潟県には「新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」の
もとに、「地震、地質・地盤に関する小委員会」と「設備健全性、
耐震安全性に関する小委員会」がある。

県民の安心・安全を目指して、この二つの小委員会が、
政府の諸審議会の議論に比べて、よりつっこんだ議論をしてきたことを
私たちは高く評価する。

 しかるにこの3月、「技術委員会」はみずからの議論を徹底させぬまま、
「小委員会」で進行中の議論を、あわててむりやりに纏めてしまった。


以下の疑問が置き去りにされてしまった。
すなわち、
・佐渡海盆東縁断層の存在
・原子炉・タービン建屋の不規則変動
・2~4%より小さい範囲の塑性歪みの存在
・目視点検の不十分性
・敷地に近接した新たな断層の存在
・再循環ポンプのモーターケーシングの強度の不安
                          などである。

 これでは、地元の人たちや広範な県民の安心を得ることは出来ない。

1955年の核兵器に関する「ラッセル・アインシュタイン声明」の中に、
「もっとも多く知る人がもっとも悲観的である」とある。

安心・安全を得るために、「小委員会」の議論や県と政府の説明会で
多く知るようになった県民が多い。

この人たちの不安を取りのぞくために、
(1)早急に「地震、地質・地盤に関する小委員会」を再開し、論点をつめること
(2)見解が対立している学者・研究者を招き公開討論会を開くことを
  強く要望する。

  そして、画期的な新潟方式を実りあるものにするためにも。




原発 | 21:06:31 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。